[ジョージア] ジョージアとロシア(旧ソ連)の関係を学ベる展示(The exhibition of Soviet Occupation)

ソビエト占領期のジョージアを知るための展示が、トビリシの国立博物館にあります。
ジョージアは今年2018年5月26日で100年目を迎えるその節目の年なのですが、その100年の間の70年ー1921年から1991年ーはソビエト連邦下にありました。その占領下の歴史を見ることができるのが、この博物館の展示です。

展示は国立博物館の4階にあります。国立博物館の宗教芸術のきらびやかな展示とは一転して、全体的に暗いイメージの展示室。例えるならば牢屋のよう。暗い照明と黒や灰色を基調にした展示室は、ソビエト連邦下の苦難を訪問客に訴えるような場所となっています。

この展示は2006年にオープンしました。ジョージアの反占領、国民解放運動の歴史を展示し、ソ連の政治的弾圧の犠牲者に捧げられると記されています。

ソビエト占領期のジョージア
ソビエト占領期のジョージアの展示室。暗い色合いを基調とした展示物は牢屋のようなイメージを
訪問者に抱かせます。


1918年から1991年のジョージア

1918年5月26日、ジョージアはジョージア(グルジア)民主共和国(ジョージア語では、サカルトヴェロ民主共和国)として、グルジア国民会議によりその建国を宣言しました。初代の議長は、ノイ・ラミシュヴィリ議長、後にメンシェビキ(社会主義右派)のノエ・ジョルダニア(Zhordania)が国の政治指導者となります。国の主権は、18の国に承認されました。1919年には建国憲章を発布し、ジョージアは国としての体制を整えていきます。
独立憲章
独立憲章

ジョージアの旧国旗
ジョージアの旧国旗
一方、ボリシェヴィキ(ロシア社会民主労働党が分裂し形成された左派)は建国の混乱に乗じて、徐々に力を強めていき、内乱が発生します。

1920年4月28日にアゼルバイジャン、同年12月29日にはアルメニアに赤軍が侵攻。ジョージアへは内乱を口実に、1921年2月11日に赤軍が侵攻し、25日にソビエト政権「グルジア・ソビエト社会主義共和国」が樹立されました。ノエ・ジョルダニア議長は同志とともにフランスへの亡命します。

1922年3月12日から1936年12月5日まで、ジョージアは、アルメニア、アゼルバイジャンとともに「ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国」の一部となりました。1936年にザカフカース共和国はスターリン憲法の施行にともない解体します。

ヨシフ・スターリンの統治のもと、世に知られる「大粛清」で、数多くのグルジア人たちが処刑された。この間、この地方はグルジア共産党第一書記のラヴレンチー・ベリヤに主導されていました。1937-1938年の弾圧では、3,600人が処刑。また、博物館の展示に1942年から1952年の間に5,000もの人が撃たれ、19万人が強制送還させられたという説明がありました。
スターリンのポスターの下は、ソビエト占領下で殺害された、ジョージアの知識人
スターリンのポスターの下は、ソビエト占領下で殺害された、ジョージアの知識人

展示室の様子

この展覧室の入り口すぐに展示されている電車の車両は、1924年の全国蜂起の参加者が処刑された鉄道車両です。
ジョージア国立博物館展示
ジョージア国立博物館展示
展示室は旧ソビエトの占領を大きな歴史的なイベントを軸にして基本的には時系列で展示されています。また、地図などを展示して視覚的に旧ソ連の脅威がいまも続いていることを示しています。
ジョージアの地図
ジョージアの地図

ジョージアの地図
ジョージアの地図(占領は今も続いているという表記が見られる)

展示物そのものは多くはなく、またこの地域の基礎知識がないと、歴史がみえてこないのですが、ジョージアと旧ソ連、そして現在進行形のロシアへの脅威を見ることができます。

またこの博物館の展示では、ジョージア側が史実をどのような歴史観に基づいて、国民に共有しているのかを見ることができる場所でもあります。ジョージアという国を知るために訪れるのがよい場所です。

博物館情報

ジョージア国立博物館
The exhibition of Soviet Occupationは*4階展示室
所在地:3, Rustaveli Ave., Tbilisi, Georgia
ウェブサイト:http://museum.ge/index.php?lang_id=ENG&sec_id=53
入館料:大人5ラリ、学生1ラリ
営業時間:火曜日から日曜日、10:00-18:00

参考ウェブサイト

Georgia: Memories of Stalin’s Purges
https://eurasianet.org/s/georgia-memories-of-stalins-purges

The “Great Terror” of 1937–1938 in Georgia:
Between the Two Reports of Lavrentiy Beria
http://www.laender-analysen.de/cad/pdf/CaucasusAnalyticalDigest22.pdf

Exhibition - Repression of 1937-1938 in Georgia -Stalin
https://idfi.ge/en/exhibition-repression-of-1937-1938-in-georgia-stalin

関連ブログ(ジョージア国内の博物館・美術館)

[ジョージア]スターリン博物館(Stalin Mseum)in ゴリ
[ジョージア] ジョージアとロシア(旧ソ連)の関係を学ベる展示(The exhibition of Soviet Occupation)
[ジョージア]トビリシ歴史博物館 (The Tbilisi History Museum)ー人々の生活を見る
[ジョージア]野外民族博物館(The Open Air Museum)ートビリシでジョージア各地の文化に触れる
[ジョージア]アートパレス(Art Palace)でジョージアの舞台・映画芸術に触れる
ジョージア]ジョージア現代アート美術館(Georgian Museum of Fine Arts)
[ジョージア] ナショナル・ギャラリー (The National Gallery) ージョージアの近現代アート
[ジョージア] 孤高の画家ピロスマニに触れるジョージアの旅のススメ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Subscribe