ビコール地方食い倒れ定番メニュー、トースト・ショーパオ(toated siopao 焼き肉まん)

ビコール地方、ナガ市に立ち寄った際に是非味わってほしいローカルスナックはいくつかありますが、トーステト・ショーパオ(toated siopao) 、焼き肉まんなるものはその代表的食べ物の一つです。
Bicol, ナガ市、トーステト・ショーパオ(toated siopao)
ナガ市のナガ・レストランのトースト・ショーパオ(toated siopao 焼き肉まん)
トーステト・ショーパオは、所謂、肉まんを焼いたもの。中身は、ひき肉とゆで卵が入っています。それを、醤油をベースにしたソースでいただきます。

トースト・ショーパオ(toated siopao 焼き肉まん)
ぱくりとかじる前に手で中身を開き、ソースをかけます。
たかが、焼き肉まんなんですが、ナガ市発祥のためナガ市周辺に生活するビコール人はこの食べ物に愛着を持っています。市内の至る所で販売されています。また、この地方に立ち寄った人たちが食い倒れをする際の定番メニューとなっています。

お味は肉まんの味ですが、表面を焼いているため、パンの香ばしさと豚ひき肉の味、そして好みで加えるソースがほどよく甘みを加え、絶妙です。

実際、ナガ市の老舗、ナガ・ガーデンでは、おやつの時間ともなると麺系の食べ物とこのトーステト・ショーパオの組み合わせて注文しているお客さんが多いことに気が付きます。

麺ものと焼き肉まんという見事なほどに胃に重い炭水化物の組み合わせがすごい。ボリューム的にはおやつという域を超えているのですが、折角なのでトーステト・ショーパオとアサド(焙ったお肉が乗っている)麺類を注文してみました。
アサドのヌードル
アサドのヌードル
小どんぶり一杯分ぐらいのサイズながらもショーパオとの組み合わせは
結構なボリュームを感じます。

このボリュームを毎日頂いていたら、確実にお腹が出る(笑)と思いつつ、周りを見回すと皆、幸せそうな顔でショーパオとアサドあるいはパンシット(フィリピンの焼きそば)を頬張っている姿が・・・。
店頭に並ぶtoated siopao 焼き肉まん
店頭に並ぶtoated siopao 焼き肉まん

このトーステト・ショーパオ、今ではマニラにに店舗が出され、ビコールに行かないと食べられない!という一品ではありませんが、是非ナガ市訪問の際は、ピリ(唐辛子)のアイスクリームキナラス、そして本場のトーステト・ショーパオをお試しあれ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Subscribe