フィリピン人とコーヒー:ネスカフェ3 in 1から超高級シベットコーヒー

フィリピン人はコーヒー党が多いです。お茶を飲むのは「健康志向」の人が多いと言っても過言ではありません。

フィリピン人の朝は、家庭によりますがパンデサル(小さなパン、スペイン語で塩パン)あるいはご飯と干し魚というメニューなどそしてコーヒーではじまります。パンをコーヒーに浸して食べるスタイル、あるいはご飯にコーヒーをかける(汗)スタイルなどがあり、コーヒーは単なる飲み物という域を超えています。

庶民のコーヒーネスカフェ3 in 1

コーヒーは大体はネスカフェの3 in 1という既にコーヒー、クリーム、砂糖が入ったものが多いのが特徴です。結構甘く、カロリーも70キロほどですが、飲み続けると中毒になりますので要注意。

3 in 1 は道端のスタンドでも10ペソほどで購入が可能です。プラスティックのカップに既に沸かしてあるお湯を注ぎ、その3 in 1を投入。出勤前のワーカーがスタンドの前でコーヒーを立ち飲みしている姿を見かけます。コーヒーは朝だけではありません。ワークショップ、会議などあるときのブレークは必ずコーヒーです。
ネスカフェ3in1

3 in 1のコーヒーの単価は一袋5~6ペソほどです。ただ、近頃は様々なバラエティもあり、クリームが多いもの、ココアパウダーが入っているものなどです。猛烈な甘さですが、これも慣れるとそうでもなくなります。そして、ここは暑い国で何もしなくても暑さ疲れしますので、ちょっとやそっとの甘さはエネルギー源となります。と、言ってもなんでも取り過ぎはよくないですが(汗)


ローカルコーヒー

フィリピンの所々でコーヒーを栽培しています。そのため、3 in 1ではないコーヒーを飲みたいコーヒー通の需要を満たしています。

コーヒーの栽培で重要な条件は雨、日当たり、温度、土質。降雨量は、年間1800から2500mmが望ましく、成長期に雨が多く、収獲期に乾燥している、つまり雨季と乾季がある気候が適しています。そして、適当な日当たり(強すぎてもいけません)、暑すぎない所謂避暑地のような場所での栽培がよいそうです。マニラのコーヒーショップの仕入れ先はタガイタイなどの避暑地と聞きます。
ビコール地方(ルソン島の南端)で、バタンガスのコーヒーを販売しているお店があり、著者はとある理由からそこからコーヒーを購入していました。

理由はなんてことはない、3 in 1のネスカフェコーヒーで出るゴミが気になっていたからです。
タガイタイのグルメファームスのコーヒー


シベットコーヒー

フィリピン20ペソ裏面、ジャコウネコ
フィリピン20ペソ裏面、ジャコウネコ


フィリピンの新しい紙幣、20ペソの裏面はジャコウネコです。ジャコウネコの糞から取り出したコーヒーが味わい深く絶品と聞きます。
ます、ジャコウネコにコーヒーの実を食べさせ、その糞から豆を取り出して浅く炒ってコーヒーにします。赤く熟れたコーヒー外皮のみ消化されてコーヒー豆は未消化のまま排泄させます。腸内細菌によって発酵、独特の風味が加わって香り豊かなコーヒーになる様です。一杯300ペソほどとか、フィリピンの物価を考えると一杯のコーヒーとは思えないほどの値段です。インドネシアではコピ・ルアクの名で知られています。
お茶などをお土産で持っていくと単なる嗜好品にも関わらずその効能を聞かれます(汗)「いったい何にいいのか」と。コーヒーではその効能なんて聞かないじゃないか!と言いたいがそれは別のお話です。

滞在当初は、猛烈な甘さのコーヒー、お茶等々にいちいちお湯や水を足していましたが、今となっては過去のこと。今はそうした甘い飲み物をストレートで(笑)頂けます。ああ、慣れとは怖い。そして、コーヒー党ではない著者がフィリピンで異様にコーヒーを欲するのはまわりの影響でしょうか(汗)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Subscribe